なぜ脇汗が出るのか。まずは原因をしっかり理解しよう

脇汗を止める・抑える方法|脇汗を解消する制汗剤・塗り薬

脇汗が出てしまう原因は、置かれている環境や体質によって異なります。また、季節に関係なく1年中、脇汗に悩まれている人もいます。というのも人間の脇は、体の中でも汗をかきやすい部位でもあります。

悩みや不安、心配など精神的ストレス

脇汗は、緊張や不安などの精神的なストレスがが大きく関係していると言われています。
ストレスは、現代社会において避けて通れないものです。
ストレスを感じてしまうと、副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、アドレナリンを大量に放出させ、皮脂の分泌を促します。
これが、脇汗が増えたり、キツイ臭いを強くする原因になっています。

解決策

仕事柄、緊張や不安な状態で脇汗がひどい場合は、制汗剤を使うことで、脇汗や臭いを簡単に抑えることができるのでおすすめです。

運動不足や肥満で脇汗をかきやすくなる

社会人になると、体動かす機会が減り、太り気味の体質になりがちです。運動不足が続いてしまうと、脇汗の量が増えたり、臭いを強めることになります。
これは、体全体にある汗をかく機能が低下してしまい、汗をかきづらい体質になります。
人間の体は、体温調整をするために常に汗をかいたりします。ただ、体全体で汗をかきづらい体質になってしまうと、体温調整する時に、汗腺が多い脇の下だったり、顔、手のひらなどにかく汗の量が増えてしまいます。

解決策

運動不足や肥満で脇汗が止まらない方は、軽くジョギングやダイエットしましょう。定期的に体にたまった老廃物を汗と一緒に流すことで臭いを少なくすることができます。それと並行して、制汗剤を使うことで脇汗を抑えることができます。

ホルモンバランスの乱れ

女性に多い原因が、ホルモンバランスの乱れです。
ホルモンバランスが乱れると交感神経が刺激され、汗を大量にかいてしまいます。
ホルモンバランスが乱れやすい時期は、生理前後、妊娠中、更年期です。

解決策

ホルモンバランスの乱れでの脇汗は一時的なものが多いですので、気になる場合は、制汗剤を使うことで脇汗を抑えることができます。

病気の症状の可能性

病気の症状として脇汗を大量にかいてしまうこともあります。
甲状腺亢進症、糖尿病、結核、自律神経失調症、更年期障害などが考えられます。

解決策

一般的な人は、病気の可能性は低くいですが、今年になって脇汗をかきやすくなった場合は、一度病院で診てもらうと良いかもしれません。

脇汗を止めるには、塩化アルミニウムが良い

脇汗を止める・抑える方法|脇汗を解消する制汗剤・塗り薬

塩化アルミニウムは、汗が出てくる汗腺に炎症を起こして、閉塞させて発汗を抑制する効果があります。ですが、この発汗を抑制する効果は、ずっと続くわけではありません。
本格的に脇汗を止めたいなら、病院で手術が一番はやくておすすめです。ですが、手術ですので身体にメスを入れることになります。
病院によっては、手術方法は様々ですがボトックス注射での手術はかなりの痛みも伴います。
また、手術をして脇汗が止まったからといって、安心はできません。手術後の副作用もあります。

手術後の副作用とは!?

脇の下の汗がピタッと止まることは嬉しいものですが、人間の体は体温調整をするために汗をかこうとします。
今まで脇汗で体温調整された分が手術によって発汗できなくなり、顔面や背中、胸から下の部位に大量の発汗が起こるというものです。
もちろん個人差があるのであまり感じないという方もいますし、涼しい季節や寒い季節でも洋服を着替えるほど汗を欠くようになったという人も数多くいます。
このように手術はメリットが強い反面、副作用もありますので手術を検討される方は、手術後の副作用もしっかり理解しておく必要があります。

制汗剤でも十分脇汗を止めることができる

ちょっとした用事等での脇汗が気になる方は、制汗剤でも十分です。効果の持続性も近年長くなってきているので、お出かけの前や休憩中にさっと塗れたりと使い勝手も良くなってきています。
恥ずかしい思いをする前に、また臭いで周りに迷惑をかけないためにもエチケットとして制汗剤を携帯しましょう。

脇汗制汗剤のおすすめランキング

コストパフォーマンスが良かった制汗剤をまとめました。

 

アセッパー

アセッパー(飲むタイプのサプリメント)の特徴

  • 飲むだけなので全身で使用できる
  • 体の中から汗と臭いを同時ケア
  • 中から改善してくれる
  • 飲むだけ!毎日続けられる手軽さ
  • 日本生産、添加物不使用
  • 安心の180日返金保証

価格 初回4,940円
評価 評価5
備考 サプリメントとして飲むタイプになります
アセッパー(飲むタイプのサプリメント)の総評

制汗剤として今までなかった飲むタイプになります。 塗るタイプは、トイレや人目のつかないところでこっそり塗る必要がありますが、このアセッパーは1日3粒飲んで汗と体臭をケアする商品です。 特に体臭のケアを体の中からケアできるのはとてもありがたいです。 手軽さ、安定さを考えるとおすすめです。また、180日間の返金保証があるので、お試し感覚で一度試してみるのも良いです。

 
 

脇汗を止める・抑える方法|脇汗を解消する制汗剤・塗り薬

クリアネオ制汗剤(直接ワキに塗るタイプ)の特徴

  • 国内で生産・販売
  • 殺菌成分・制汗成分入り
  • 無添加、無香料
  • 永久保証有り
  • 脇以外にも足などで使用可

価格 4,980円
評価 評価5
備考 塗るタイプの制汗剤
クリアネオ制汗剤(直接ワキに塗るタイプ)の総評

塗るタイプの制汗剤を使いたいって方は、クリアネオがおすすめです。 クリアネオは、国産で無添加の制汗剤なので敏感肌の人やお子さんにも安心して使用できると思います。 「永久保証」が付いているので、万が一ご自身の肌に合わなかったとか、効果が期待できなかったなど、納得できなかった場合はこの「永久保証」を使うと良いです。 また、ワキ以外にもデリケートゾーンだったり、足にも使えます。

 
 

Lapomine

ラポマイン(直接ワキに塗るタイプ)の特徴

  • 日本で生産・販売
  • 無添加
  • 医薬部外品
  • 子供にも使用可
  • 購入者限定プレゼントあり

価格 3,780円
評価 評価4.5
備考 塗るタイプの制汗剤
ラポマイン(直接ワキに塗るタイプ)の総評

ラポマインは、脇がべたつかず、サラサラで無臭な消臭制汗剤です。 国内で作られしかも無添加ですので、小さいお子さんにも安心して使えます。 安心の返金保証制度も付いているで、詳しくは公式サイトで確認してみてください。

 
 

デトランスα

デトランスα(直接ワキに塗るタイプ)の特徴

  • 海外の商品
  • 殺菌成分・制汗成分入り
  • 朝塗るだけで効果が持続
  • 脇以外にも足などで使用可

価格 2,900円
評価 評価3
備考 塗るタイプの制汗剤
デトランスα(直接ワキに塗るタイプ)の総評

デトランスαは海外の商品ですが、値段が安いのが特徴です。 デトランスαの場合は肌に優しく、そして効果も長時間維持するように作られています。 また、臭いの原因である細菌の育成と増殖を抑制し、細菌が汗を分解して出す嫌な臭いを予防してくれます。

 

 

脇の臭いと汗の量は比例している

脇汗を大量にかきすぎると、シミ、黄ばみ、臭いの原因になります。
よく勘違いされていることとして、脇の臭いは「汗の臭い」ではありません。
汗や皮脂が皮膚に残っていることで細菌が大量に繁殖し、分解されることによって臭いを発生させます。大量に汗をかけばかくほど、細菌の繁殖していき、臭いも強烈になっていきます。
ですので、脇の臭いで悩まれている人は、定期的に脇汗を拭くか、脇汗をかかない努力をするか心がると良いです。

普段の食事でも臭いがきつくなる

普段食べている食事の内容でも汗の量や臭いに影響してきます。

  • 脂っこい食べ物
  • ファストフードやインスタント食品
  • お肉中心的な食事
  • キムチや刺激が強い食事
  • お酒やコーヒーの量が多い

上記のような食事は、血液をドロドロにさせたり血行を悪くしたりするもので、血行が悪くなることで、汗の濃くなり汗の臭いもきつくなりやすいです。

自分が「わきが」か調べる方法

自分が「わきが」かチェックするためには、いくつか調べる方法があります。
代表的なチェック項目は下記になります。

  • 家族や親戚にわきがの人がいる
  • 耳垢が湿っている
  • 衣服の脇部分が黄ばむことがある
  • わき毛に白い粉が付く

この項目にどれか該当される方は、「わきが」の可能性があります。
また、自分の「わきが」の臭いは、普段から嗅ぎ慣れているため気づかないものです。
自分が「わきが」かもしれないって思う方は、「クリアネオ制汗剤」や「Lapomine(ラポマイン)」を使うことで制汗や臭いを抑えることができます。

まとめ

脇汗は、人間ですので誰でもかくものです。汗の出る量が人によって異なりますので、ちょっと気になるって方は、脇汗のケアをすると良いです。
特に、脇汗をかいた後の臭いは、自分自身で気づかないものです。周りの人を不愉快にさせない、自分自身を恥じないようにするためには、エチケットとして日ごろから脇汗ケアをしましょう。
市販の商品や、ケアをしても効果が無い場合は、病院で診てもらいましょう。

用語集

ボトックス注射とは

注射器を使って多汗症の治療をおこないます。
顔のシワ取りに用いられることで有名ですが、多汗症の治療にも有効とされ使用されています。

更新履歴