多汗症とは?

多汗症とは字のとおり、汗を多くかいてしまう病気のことです。
とくに激しい運動をしたわけでもなく、暑い時期でもないのに多量の汗をかき、汗のメカニズムが異常になっている状態のことを言います。
男女差はなく、多くの人が悩まされている病気なのですが、まださほど一般的ではありません。
多汗症の人は汗かきと思われがちですが、汗かきとは全く異なります。
どちらも大量の汗をかくことには変わりはありませんが、汗かきの人は激しい運動や暑いときなどに体温調節のために大量の汗をかきます。
それにたいし多汗症の人は、体温調節が必要のないときに大量の汗をかく病気なのです。
専門医ではないと判断できないことが多い病気です。
汗をかく部位も人によって様々です。
手のひらの汗や脇汗が酷い人など特定の一部分だけ汗をかく症状の場合は局所性多汗症と呼びます。
全員に大量の汗をかくことを全身性多汗症と呼びます。
どちらの症状の場合も他の疾患などが原因の場合の続発性と、原因がわからない場合の原発性が存在します。
全身性は更年期障害やホルモンバランスの乱れによりことが多いです。
急性リウマチなどの疾患が原因で発症されるとも言われています。
局所性のは脇の下や手のひら、足の裏や頭部などの体の一部分に汗を大量にかいてしまいますが、自律神経の乱れや精神的ストレスなどが主な要因といわれています。
ちなみに手のひらに汗をかいているときは同時に足の裏に汗をかいていることが多いので、2つを合わせて手掌足蹠多汗症とも呼ばれています。