自分でできる多汗症対策

多汗症の原因としてあげられるものの中に、ストレス、緊張、不安などがあげられます。そのため、ストレスをためないようにすることが大切です。

 

趣味の時間を作るなどして自律神経のバランスをとることで改善が期待できます。
また、スポーツをしたいけれど脇汗を沢山かいてしまうことに抵抗がある場合や、臭いがきついとお悩みの方には制汗剤を使用するのもおすすめです。

 

毛細血管が縮小されて汗が抑制され、汗をおさえることができます。制汗剤を使用する際には無香料のものを選ぶことがポイントです。デオドラントタイプのものは、殺菌、抗菌効果があるため、臭いにもはたらきかけてくれます。

 

清潔なお肌の状態で制汗剤を使用することも大切なポイントです。お風呂あがりに使用することでより効果を高めることができます。また、食生活の改善をすることで多汗症を緩和させる期待がもてます。動物性脂肪や刺激物を控えるようにすると良いでしょう。

 

おすすめの食材は豆類です。汗をかいた際にサラサラにしてくれる作用があります。サラサラの汗は健康にも良く、臭いもないのが特徴です。全く運動をしていないという場合には、少しずつ身体を動かし、良い汗をかく習慣を身につけることをおすすめします。

 

運動を開始してしばらくは玉のような汗をかき、臭いも気になることがありますが、次第にサラサラとした汗に変化していきます。多汗症は病院でも治療をすることができますが、自分でできる対策も数多くあるので、是非試してみてはいかがでしょうか。