脇汗の臭い対策

程度の差はありますが誰でも脇汗の臭いはします。ほとんど気にならない、周囲からも気が付かれない程度の臭いならいいのですが、汗をかく季節など自分も他人も気になることは多いものです。

 

脇汗の臭いの原因は2つあり、1つは脇が汗をかきやすく蒸れて雑菌が繁殖しやすいこと、もう1つはアポクリン腺という汗腺です。体温調節のために脇は汗をかきやすい部位ですが、エクリン腺という汗腺から発汗される汗はほとんどが水分でそれほど臭うことはありません。ただ、その水分が服などの皮脂汚れと一緒になることで雑菌が繁殖し臭いの元になります。
また、エクリン腺ではなくアポクリン腺から発汗される汗は、タンパク質やアンモニア、脂質などが含まれているので独特の臭いがします。

 

脇が臭わないようにするには、身に着ける服やインナーの雑菌を減らすこと、それに脇を清潔にしデオドラント用品を使うといった対策をしなければなりません。服やインナーは抗菌効果のある洗剤で洗ったり、部屋干しを避け日光に当てて乾かすようにしましょう。一度着て汗が付いたものを翌日そのまま着るのは避けた方が良いでしょう。
また、制汗用のスプレーや臭いを防ぐ石鹸など一般的な商品で効果がみられない場合は、ワキガ対策用の商品を使ってみることをお勧めします。いろいろ試したけれど効果がイマイチだと感じるのなら、思い切って手術し汗腺を除去する方法もあります。
また、食べるものによっても臭いがきつくなることがあるので、肉などの動物性タンパク質や脂っこいものは避けた方が無難でしょう。