脇汗の臭いとワキガの違い

脇汗とワキガの臭いはいずれも脇から出るということもあり同一に見られてしまうことがあるようです。しかしながら両者は似て非なるものであり、根本的な原因も違っています。
まず脇汗の原因ですが、汗に関しては基本的には無臭です。脇汗はエクリン腺というところから分泌されますが、特に臭いのない汗ですので不快に感じるようなこともありません。
ところが分泌された汗が皮脂と混ざり合い、そして菌によって分解されることによって独特の臭いを発生させるようになります。また、食生活や衛生環境によっては臭いが強くなってしまい、余計に不快感を与えるような刺激臭に発展することもあるのです。

一方のワキガはアポクリン腺というところから分泌されます。こちらも汗腺ではあるものの、しかしながらタンパク質や脂質、アンモニアなどが含まれていますので独特の臭いを伴う汗になり、その臭いがワキガの原因とされています。
なお、エクリン腺に関してはほぼ全身に分布しているのですが、アポクリン腺の場合は脇の下をはじめ、耳や乳輪、陰部などに集中して存在しているという特徴があります。
ワキガの臭いは脇の下から出るというイメージが強いですが、他の部分からも発生していることがあるのです。

以上のことから脇汗とワキガは別物と言えますが、ただアポクリン腺に関しては遺伝による影響が強いという特徴があります。
遺伝していなければアポクリン腺の数が少なくワキガになる可能性は低い一方、遺伝しているとアポクリン腺の数が多くワキガになる可能性が高いとされています。