脇汗で手術するメリットとデメリット

体質的に汗をかきやすいタイプとそうでないタイプに分かれますが、汗をかきやすいと何かと困ることが多いでしょう。特に気になるのが汗によるニオイです。汗は体中から出るものですが、特に脇汗はニオイも強いのでコンプレックスを抱えている方は多いはずです。
脇汗によるニオイは一般的にわきがと呼ばれており、脇の下に存在するアポクリン汗腺から分泌する汗が強いニオイを発します。
脇汗やわきがは、クリニックに行って診てもらうと手術を受けることができます。主に美容外科や美容皮膚科といった美容系のクリニックになりますが、脇汗などの多汗症手術やわきがを治療する手術を提供しています。

 

この手術を受ける前にメリット・デメリットを確認しておくことをおすすめします。一口に手術と言っても種類はいくつかあるので、医師と相談しながら自分に合った方法を選択しましょう。ボトックスは多汗症に効果を発揮する方法で、脇汗など大量に出る汗を抑えることができます。わきがの手術では強いニオイを放つアポクリン汗腺を取り除いていきます。ニオイの原因を取ってしまうので、その後は汗をかいてもニオイが気にならなくなるというメリットが大きいでしょう。
反対にデメリットの方ですが、アポクリン汗腺を除去するという方法を選択した場合、皮膚にメスを入れて取り除かなければなりません。そのためダウンタイムがあることがデメリットと言えるでしょう。皮膚を切るため継続的な正しいケアが必要になります。