脇部分の黄ばみの原因

脇汗が大量に出て洋服などの黄ばみが気になる人は多いと思います。
洋服の脇の部分が黄ばんでしまう原因ですが、汗を出す汗線には、エクリン腺とアポクリン腺の2種類が存在しています。
エクリン腺とは全身に存在する普通の汗腺で、さらさらした汗が出ることが多く色も臭いもありません。
脇汗を出すアポクリン線からは、水分以外にアンモニア、脂質、タンパク質、糖質、黄ばみの原因となるリポフスチンという成分が出ます。
これによって洋服の脇部分が黄ばんでしまうことが多いのです。
また脇の下に制汗剤などを使用している場合、自分の体質に合っていない製品を使ってしまうと、脇汗対策になるどころか、汗と制汗剤が反応を起こして黄色い色を作り出すことがあります。
ためしに制汗剤の使用をやめてみて、洋服に黄ばみがつかない場合は制汗剤が原因ということになります。
また身体が極端に疲労していたり、エアコンの効きすぎた部屋に長時間いたりすると、汗腺の機能じたいが低下してしまいます。
汗腺の機能が低下してしまうと、普段は無色無臭のエクリン腺から出る汗も、ミネラルや鉄分などが混じり、汗の色が濃くなってしまうことがあります。
緊張したり、極度のストレス状態に陥ったときに脇汗がじわっと出てくるとき、エクリン腺から出るさらさらの汗ではなく、アポクリン腺から出てくるような汗になる場合が多いのです。
ワキガ状態の人が黄ばむことが多いですが、黄ばんだイコールワキガとは言い切れません。